シマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1のインプレはスロー系ジギングロッドのフラッグシップ

⇒【操作性抜群!】シマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1

無限のジグアクションを生み出す、スロー系ジギングロッドのフラッグシップ。

●シリーズ中もっともライトなB65-0は、130gまでのジグをメインにしたジギングに最適。

シマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1のインプレ

柔らかいから大きな魚を釣って、硬いから小さな魚を釣るではありません。基本的な考えとしては水深分けになります。

自身が狙う水深で魚が反応をするようなフォールの動きで出せる量だとか、しゃくりあげて動くジグの速さとかがベスマッチなのはこのシマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1のインプレとなります。

⇒【操作性抜群!】シマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1

基本的には体に優しいガツンとやらなくてもロッド自体が大きくたわんでふわっと戻るようなロッドになっています。
人体的にも楽なタックルの完成となります。フルホールディングシートが備わっていてコルクグリップにより長時間の釣りファイトで手が汗ばんでもコルクがその水分を吸収して短時間で乾かしてくれるので長時間の大物の魚とのやり取りにもすごく使いやすいのがシマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1の特徴と言えるだろう。
自分の水深がベースとなっている竿を持ってそこから前後してもらうことで違う魚の反応もより楽しめるようになります。

今、流行している中深海で高級魚であるアカムツやアラなどを楽しんで釣りする方も多いと思いますが、同じ様なタックルでも背負えるウェイトが違ってくるのでウェイトによって魚の遊泳力に合わせたアクションを出せるのがシマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1のインプレとしても紹介したいところです。
アカムツのほうが小さくて勝ち気な魚ですごく追いかけてくるがそこへ早くガンガンシャクったところでほとんどそのようなことで当たることはありません。タナの移動距離が少ない魚にはゆっくりとジグを動かして見せていくということがとても重要になります。
基本的にシマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1でしっかりシャクればジグが横を向いてからフォールしてその間にバイトチャンスが訪れるのでアクションが出せるロッドとしてぜひ使っていただきたい。

⇒【操作性抜群!】シマノ 19 オシアジガー インフィニティ B65-1

シマノ

Posted by lureninki