OSP ドライブホッグ 2.5のインプレは個体が少ない状況でもバスの目を惹くアピール力

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブホッグ 2.5

バスの個体数は少なく、総じて賢い。

そんな状況を打破するには、バスの目を惹くアピール力。

OSP ドライブホッグ 2.5のインプレ

ドライブホッグは、2.5インチの小さなシルエットにそれぞれ動きを追求したパーツを集結する。
OSP ドライブホッグ 2.5の使い方には状況に合わせていろんなバリエーションで使える。

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブホッグ 2.5

OSP ドライブホッグ 2.5の使い方ではバスになるべくラインを見せないようにルアーを着水させてすぐに表層で誘ってバスを下から食いあげさせるようにするが、アクションはかなり細かくシェイクしてという誘いでもよく動いてくれるのがOSP ドライブホッグ 2.5のインプレであり特徴でもある。バスはいるけど擦れててなかなか食ってくれないという状況で本領を発揮するワームです。スモラバのような細かなシェイクとか中層での誘いとかに向いているものはなかったのが、そういうのがほしいなと開発されたのがOSP ドライブホッグ 2.5。OSP ドライブホッグ 2.5ならではのアピール力、動きは繊細だがフラスカートのドライブフォークが付いているし、フラスカートというのは常に水を動かしてくれる、もともとあるホッグアームの水をよく動かすことにさらにそれを強くしていて、ドライブホッグの動かし方はホッグアームならではのパドルテールが2枚付いていてそれが動くことによって水を仰ぐ2.5インチと重さも大きさも小さいのはコンパクトさを生かしたタフな状況での食わせに生かしたくてホッグならではのパーツの多さで多彩に動いてバスの目を引くその上で水も仰いで視覚の聞きにくい時とかバスを刺激するというワームです。


ノーソルトで中層をやるのは細かな誘いでこれまでのホッグなら垂れ下がっていたが、ジグヘッドリグとかダウンショットリグにしてほぼ水平の姿勢をキープして細かくフワッフワッとタフな時にもバスが口を使ってくれる動かし方が理想的になる。ジグヘッドリグでの使い方は重さが3.5g、ミニフットボールでガードを付けて、ガードは2本だけ残してちょっと左右に開いて、カバーのこさに応じてカットしたりするのが理想的な使い方である。続いてOSP ドライブホッグ 2.5のインプレは普通にデカバスも食ってくる本当に小さい2.5インチならデカバスも反応してくれないがスモラバがそうであるように小さいけど重さを感じるルアーはデカバスも反応しやすい、決して数釣りワームの枠の中だけでは収まらない。タナがわからない時はシェイクしながら落とし込んでいくのもありです。上で食わそうと思ってやっていても水深が1m以上あった場合は上で誘いながらも徐々にシェイクをしながら少しずつロッドの先端を下げながらて落とし込んでいくという使い方も有効になる。ちょっと離れたところにいるバスもOSP ドライブホッグ 2.5が目立っているので寄ってきてくれる。ノーソルトなので柔らかいのに耐久性があるが食いの段階で裂けても最初ほどのキープ力はなくなるが裏返して刺し変えれば再利用することができる。

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブホッグ 2.5

OSP

Posted by lureninki