OSP ドライブシュリンプ3のインプレは細い手足を忙しく動かしながら移動する様

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブシュリンプ3

エビが細い手足を忙しく動かしながら移動する様、

さらにその際に発生する微細な振動までもリアルに表現する。

OSP ドライブシュリンプ3のインプレ

フォールやスイミング時に発する逆手の超高速振動が、
脚、ヒゲ、独自形状のフラットテールに伝達される。


⇒【爆釣確定!】OSP ドライブシュリンプ3

2月の下旬のまだ息も白い寒いが冬をちょっと脱してきたかな?というタイミングでいち早く動き出したビックバスを狙うときのOSP ドライブシュリンプ3のインプレはボリュームのあるベイトを使って狙っていきたい。本当の真冬であれば見えない鯉やフナがいてるので、やはり若干は春っぽくなってきて入るようだ。なぜこの時期にボリュームのある重さかというと冬の間にそんなに餌を食べていなくて、水温が6,7度とかで小さなバスはおそらくまだ寝ているような状況。春らしくなってきたのを感じだしたビックバスがシャローカバーでポツポツ出現してきて、そんな時は狙っているのばどうせデカバスなので、そのデカバス好みのルアーを撃っていったほうが結果的に釣れるということになる。手前ちょっと魚影が見えてバスかな?と思って目線をそっちにやっていたら糸を張ったら食ってたテキサスリグでシンカーは7g。続いてOSP ドライブシュリンプ3のインプレはフックはFINAでシンカーはタングステンでカバーを打つのでシンカーストッパーを入れるロッドはブラックレーベルなどのパワフルなロッドにハイギアのスティーズでリミテッドを付けてラインはフロロがデカバス狙いで竹越しのファイトも想定される組み方となっている。これがOSP ドライブシュリンプ3の使い方となる。でかくて重さのあるワームだからこその一番の効果はデカバスが好む!


2月のまだ冬の実釣では大切なのが食わせのアクションでまずはフォールでOSP ドライブシュリンプ3は細かく震えながら落ちる、逆手の部分が水の抵抗を受けて震えるのですがその時にその振動を細い足とかヒゲとか全てに伝達してボディ前進を震わせながら落ちていく、いい時期であればフォール中にひったくるようなラインが走るような食い方も多いが、まだ水温が低かったり低活性だったりするとボトムに着いてから誘いをかけてやっと口にするというバイトもあり、そんな時にもOSP ドライブシュリンプ3はすごく柔らかなフニャフニャとした動きをしてよりスローでタイムラグのある倒れ込みとかをするのでOSP ドライブシュリンプ3ならではのアクションが最も際立つそんな使い方ができる。OSP ドライブシュリンプ3の形状のインプレ 細身なのも特徴で例えばドライブクローとか他のホーク系ワームとなるとサイズが大きくなるとボディも太くなり、だから同じシンカーの重さであれば、よりすり抜けが悪くなる、その点、OSP ドライブシュリンプ3は細身のボディなので狭い隙間にもスルッと入っていきやすいという部分もメリットです。

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブシュリンプ3

OSP

Posted by lureninki