OSP ドライブシャッド 3.5のインプレはスイム&ライブフォールで喰わせる新感覚!

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブシャッド

スイム&ライブフォールで喰わせる新感覚シャッドテールワーム「ドライブシャッド」新サイズ登場!

OSP ドライブシャッドのインプレ

フリーフォールでも自発的に泳ぐニューアクションを獲得し、ウィークポイントをバイトチャンスへと変えた。


⇒【爆釣確定!】OSP ドライブシャッド

これまでのシャッドテールは巻くだけのアクションしかできなくて、食ってくれるかどうかはバスに委ねるしかなかった。ドライブフォールを出すために針がとても重要になる。OSP ドライブシャッド4.5インチのインプレに関してはT.N.Sオフセットの#5/0を使うと非常にドライブフォールを出しやすくなる。フックの刺し方はアゴ部分の少し盛り上がったところにフックを抜くのがコツとなる。ラインアイを埋めるどうかは状況に応じて調整をしていくことが必要だ。フック位置は針をあてがってみてこのアタリかな~?と思ったら爪で位置をキープして沿わせてまっすぐ突いてフックポイントを少し隠すようにしよう。近年のバスはハイプレッシャー化でただ巻きではバイトしない状況が多くなってきている。その状況を打開するために生まれたのがOSP ドライブシャッドである。動かし方はただ巻きでも低速から高速のリトリーブまで行うことができハイピッチなウォブル&ロールアクションを披露する。そして他にもあるシャッドテールワームの中でも唯一無二のボディとテールの両方を震わせながらドライブフォールをバスを刺激して誘惑させて食わすことが可能となっている。OSP ドライブシャッドの3.5のインプレはシリーズの中でも動かし方が最もタイトなハイピッチウォブンロールを行うことができAmazonや楽天で非常に口コミもいい。スピニングタックルを用いてのライトリグやテキサスリグ、ジグトレーラーにもベストマッチしているのだ!OSP ドライブシャッドの3.5インチの推奨オフセットフックはT.N.Sオフセットの#1/0となる。ヒシモのエリアをワームの重さだけでノーシンカーで攻めてみるとちょっと奥になっているところやカバー撃ちで表層を引きすぎないで直下位をゆっくり引いてきたらPE1.5で無理をしなくても問題なくバスを釣ることが可能だ。3.5インチでも小さいバスからしたら大きなルアーなので全力でドーンとバイトしてきたらアタリが大きくなりファイトも楽しくなります。


最もおすすめのサイズであるOSP ドライブシャッドの4インチは最も汎用性が高く様々なリグに対応しているためAmazonや楽天でももっと評価の良いサイズだ。秋にスピニング、ベイトともに扱いやすいという絶妙なおすすめのサイズ感となっている。OSP ドライブシャッドの4インチの推奨フックはT.N.Sオフセットの#3/0である。OSP ドライブシャッドの特徴はリトリーブを止めてフリーフォールさせると自発的にアクションする「ドライブフォール」である。ただ巻きでは食わせられなかったバスをフォール中にデカバスでも食わせることが可能となった。ビックバスハンターから絶大な人気を得ているのが6インチで重さ十分のドライブシャッド!大型ベイトフィッシュを捕食しているその効果を思う存分発揮するのだ!6インチの推奨フックはT.N.Sオフセットの#6/0~#7/0。OSP ドライブシャッドの色でおすすめは晴天の場合はシルバーシャイナー、曇りや雨など天候の悪い日はゴールドシャイナー、水が濁っているような状況ではライムチャートやコスモブラックがそれぞれおすすめの色となる。OSP ドライブシャッドでシーバスを釣る時はまずストラクチャーの近くに入れて、比較的表層を普通に巻くのもいいし軽くシェイクしながら見せる感じでアクションしよう。そこから少しずつ深く(10mちょっと)攻めていくのもいいだろう。シーバスは最初ツンツンとついてくるような触りで次の瞬間に食ってくるようなバイトとなります。

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブシャッド

OSP

Posted by lureninki