OSP ドライブスティック ファット 4.5の通販 高い食わせのポテンシャルはとにかく釣れる!

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブスティック ファット 4.5

高い食わせのポテンシャルは「とにかく釣れる!」ことから、

むしろバックスライドワームとしての実績を積み重ね続けている。

他に類を見ない、ヨタヨタと身をよじらせながらテールを左右に振るバックスライドフォール

OSP ドライブスティック ファット 4.5のインプレ

OSP ドライブスティック ファット 4.5はスペック2と比べてまず見た目でボリューム感が違います。
ではなぜ太くなったのか?重くすることでキャスタビティ、ピンポイントで狙えるようになった!
更によく飛び、OSPの代名詞とも言えるバックスライドに特化させたワームサイズとなっている。


⇒【爆釣確定!】OSP ドライブスティック ファット 4.5

フックセットのインプレは方法も若干違いがあります。従来のドライブスティックは背中とお腹の真ん中あたりにスリッドが入っていて頭付近にフックを刺すポイントが入っていた、OSP ドライブスティック ファット 4.5のスリットは点々と刻みで入っているのがポイントでお腹の方は普通のスリットとなっている。今回のOSP ドライブスティック ファット 4.5に関してはストレートフックではなく通販で売っている4.0~5.0オフセットフックが使えてバックスライドのセッティングが簡単にできるのも特徴である。オフセットフックのほうがより軽い力でフッキングが決まりやすい。ラインが太くなると糸の抵抗が水の中で増えるのでそういった場合はネイルシンカーを挿れるとバックスライドさせやすくなる。フックの刺し方はOSP ドライブスティック ファット 4.5にリング状のようなものがついてて尻尾の部分になるとなにもない、リングのあるところと尻尾の境目か、あるいはそれよりも数ミリ頭よりから針を刺してオフセットのクランクの形に合うように刺してラインアイをワームの中に埋め込む、そして腹の真ん中の下から真っ直ぐになるように上に向けて貫通させる。


刺し終わった後にワームが刺す前と同じ形になっているようにしよう。くの字に折れたり、反り上がったりしていたらもう一度刺し直したほうがいい。それができたら針先はワームの中に隠しておくように少し埋め込んでおこう。こうすることでよく飛ぶしスキッピングとかピッチングとか狙ってるカバーの際にかなりピンポイントで狙える。インプレで落とす時はラインを張らず緩めずでスーッと落としていく。さてこの通販でも人気のOSP ドライブスティック ファット 4.5は浮きごみがあってちょっと入り込みにくいとかより深いとこまでちょっと効率よく早く落としたい、風が強い、流れが強い、ラインが太め、そんな時はOSP ドライブスティック ファット 4.5であれば0.9~1.8gを腹の部分に軽くネイルシンカーを挿れるといい。このように重さを入れてフォローしてあげることも大切なので状況に合わせてセッティングできるようにしておきたい。テキサスリグには反応しない、でもこれで手前に来てしまいがちなノーシンカーを真下かより向こうにシェード内に送り込むそのメリット、アドバンテージを獲得した釣りをしてみよう。

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブスティック ファット 4.5

OSP

Posted by lureninki