ダイワ ラテオR 93MLのインプレは本気で作り込んだシーバスロッドのスタンダードモデル

ダイワ

⇒【操作性抜群!】ダイワ ラテオR 93ML

軽い。強い。操作性が高い。シーバスロッドのスタンダードモデル

■シーバスロッドの基準は永遠にラテオ。

【DAIWA公式】19LATEO徹底解説 シーバスロッドのスタンダードが大幅に進化!

ダイワ ラテオRの評価

2万円台前半という値段で比較的安く手に入れることができるというロッドなのに

その使い勝手はまさに神がかっています。最高のロッドなんです!

その性能を十分に理解してダイワ ラテオRを使っている人は感動しましたという評価が多く見られます。

ダイワ ラテオRの種類

ダイワ ラテオRの種類は86ML 90ML 93ML 93M 96ML 96M 100ML 100M 100MH 106M 110M 110MHとあります。

高性能な釣りを成立させたいならダイワ ラテオRになります。

実際に使ってみてダイワのラテオRのインプレはティップは繊細で柔らかくしっかりと食い込みがいいので

しっかりロッドを曲げてからキャストをするので飛距離が十分に出ます。

ベリーはしっかりとティップを支えるのである程度負荷にも耐えられようになっています。

バッドにはやっぱり力があったほうがいい。各部のそれぞれに分担された役割をこなしたロッドです。

ダイワのラテオRはシャキっとした感じがしたのでバイブレーションを投げたときにリフト&フォールをすると思いますが、

ミノーでのトゥイッチやジャークが格段にやりやすくなるロッドだと言えます。

擦れた魚にもアプローチするためにルアーをしっかりと止める動きが必要になってきますが、

ラテオRですとロッドアクションが非常にやりやすいというたくさんの方のレビューが見受けられます。

⇒【操作性抜群!】ダイワ ラテオR 93ML

ルアーが何かにあたったときに明確に「これは石にあたったのかな?」「ここは岩礁帯かな?」

ボトムに着底したときにここは泥地なのかな~?と

ダイワのラテオRは感じ取ることのできる感度になっています。

高強度のHVFナノプラス製ブランクにより、ちゃんとロッドやリールに軽さがあればハイエンドのシリーズに匹敵して色んな情報が入ってきやすくなり軽さを達成。軽量化により、流れを察知して水中をどのように動いているのか取り回しと感度が大きく向上。さらに、水の抵抗を感度として捉えることができるとネジレを防ぐX45構造によって力強く、正確な情報を得ながら釣りをシャープなキャストフィールを実現。また、ロッドをしっかり曲げて魚を捕る適合ウエイトギリギリのルアーの高弾性でルアー操作が得意になって操作性が飛躍的に向上している。

タイトルとURLをコピーしました