ダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SB ベイト 1ピースのインプレは「エアセンサーシート」 用途に応じて専用設計する

⇒【操作性抜群!】ダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SB ベイト 1ピース

次世代スタンダードバスロッド リベリオン。

●ブランク最外層をカーボンテープでX状に締め上げることで、

ロッド操作時のパワーロスにつながるネジレを抑制する強化構造。

ダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SB ベイト 1ピースのインプレ

ダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SB ベイト 1ピースはすごい軽い竿なので、思いジグロットが多い中で、自重も軽くて操作もしやすいというメリットがあります。
高感度ののエアセンサーシートがジグロッドに非常にメリットが大きく、シビアな場面でのカバー内で喰ったかな?というバイトをこのエアセンサーシートがが付いていないロッドと比較した場合にバイトが格段に取りやすくなります。


⇒【操作性抜群!】ダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SB ベイト 1ピース

ジグだけを一日中やりたい!っていう時におすすめになるのがこのダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SBである。基本なカバーを打ったらフォールさせないでジグストして中層でジグをフワフワして誘う。高速トゥイッチがしやすい仕様になっていて、首を振るルアーというのはちょっとハリのある硬めのソリットティップだとかなり首振りをさせやすくバットもかなり万能に使うこともできる。逆にダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SBたとカバーなどはティップが少し入ってしまうのでちょっと弱い部分はあるのかなと感じます。基本はフォールさせるだけだが、フォールで食いそうにない時は高速トゥイッチを交えながらやっています。

より飛距離を出したい時にちょっとフロッグを使う時に遠投も効きやすいし小型のフロッグの細かい操作も首振りを含めてやりやすいというメリットが有る。ベイトタイプなのでピッチングでの手返しポンポン打っていく事ができる。連続してキャストして細かく打っていくことに特化している。水位が低い場合は深いところに魚が集まるので魚が動き始める場所と捉えると深場が起点になる。実績の多い川で攻める時にダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SBでスティーズペンシルを使って流れのあるトップウォーターではホッパーより動きがよく自然に動いてくれるのでぜひ多用していきたい。

⇒【操作性抜群!】ダイワ 20 リベリオン 651XHSB-SB ベイト 1ピース

ダイワ

Posted by lureninki