ダイワ スモールラバージグ SS 1.8gのインプレは誰でも使いやすくて、様ーな状況に対応

⇒【爆釣確定!】ダイワ スモールラバージグ SS 1.8g

シンプルで使いやすいVガード搭載スモールラバージグ コンセプトは、基本のスモラバ。

ダイワ スモールラバージグ SS 1.8gのインプレ

誰でも使いやすくて、様ーな状況に対応できる、そんなスモラバ。
ヘッドには高比重の樹脂タングステンヘッドを採用し、ワイヤーワームキーパーを採用。

⇒【爆釣確定!】ダイワ スモールラバージグ SS 1.8g

ダイワ スモールラバージグ SS 1.8gの使い方のインプレは非常に使い勝手がよくてバス釣りでは定番のルアーとなっている。ここぞという時に場面で使って強い味方となってくれるルアージャンルです。オールシーズンに大活躍してくれる。よりダイワ スモールラバージグ SS 1.8gのポテンシャルを引き出せる使い方はシェイクが基本となるアクションでどこでもいいのでポイントに普通にキャストをして細かくシェイクする、細かくじゃなくても緩めになどシェイクの幅を変えて強弱をつけるのもおすすめ。マイクロシェイク、手の痙攣のような細かなシェイクでもダイワ スモールラバージグ SS 1.8gは動いてくれるので細かいパーツが付いているということは細かい動きにも対応してくれます。近距離で足元などは竿先でシェイクをしてもいいが、左手でラインを持つとより感度良くシェイクすることができる。遠くに投げて距離がある時は少し強め(大きめ)でシェイク、アクションをするといいですね。ただシェイク自体は近距離、中距離向きなので遠距離だとも難しいものになります。シェイクさせながらレンジをコントロールさせることもできます。


ラインをつまんだ状態でラインを少しずつ出しながらシェイクするとボトムにルアーが落ち込んでいきます。逆にボトムから細かくリールを巻いていきながらシェイクすると水面に向かってアクションさせることができます。アクションの幅に関しては水質や水深の状況によって変えることが重要になってくる。濁っている水でダイワ スモールラバージグ SS 1.8gを使うならちょっと大きめに激しくアクションするとバスがルアーの存在に気づく可能性が高くなる。ダイワ スモールラバージグ SS 1.8gのスイミングのインプレは投げて特にアクションを付けることなく巻いてくるだけです。巻いてくるレンジを選ぶことができるの表層を巻いてくるか、ボトム付近を巻いてスーッと巻いてくることもできる。スイミングの使い方で何がいいかというとシェイクの縦の動きで反応しないバスがスイミングの横の動きに反応するというパターンもあるからです。見えバスがいてシェイクで反応がない時にスイミングで見え方を変えると急に反応するということはよくあることです。通販でも人気の理由はここにあるわけです。

ダイワ

Posted by lureninki