OSP ドライブカーリー 4.5のインプレは繊細なロッドワークにも機敏に反応するテールアクション

OSP ドライブカーリー 4.5

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブカーリー 4.5

ドライブカーリーには繊細なロッドワークにも

機敏に反応するテールアクションを追求した。

OSP ドライブカーリー 4.5のインプレ

移動距離を抑えたシェイクでのバイト誘発をかなえたのは、形状を吟味したツインカーリー。

テール同士が複雑にジャレあうような独自のアクション。


⇒【爆釣確定!】OSP ドライブカーリー 4.5

OSP ドライブカーリー 4.5のインプレは細かくシェイクして引いて、大きな特徴でフォール中とかスイミング、ズル引きなど線の釣りにおいてテールがなびいてバスにアピールするが弱点がシェイクなどの細かいロッド操作による釣りになる。OSP ドライブカーリー 4.5はの持つ良さはフォール中のアピールがある、スイミングで手っ取り早く探れるという部分を活かしつつピンスポットでの食わせにも実力を発揮するものを追求して誕生した。ものすごくゆっくり引きながらシェイクしたら、以前のOSP ドライブカーリー 4.5であればテールが曲がったままズルズル来るだけでしたテールが機能しない状態でした。OSP ドライブカーリー 4.5は2本のカーリーテールがお互い複雑にじゃれあうようにフニャフニャっと動いて細かな操作にも敏感に反応する。


本当にいろんな事ができてシェイクしながらボトムでも中層でもテールが誘ってくれるのでカールしてるテールはもちろん幅や厚みなどテールの外側に厚みを持たせたり、素材もしっかり吟味して出た動きとなる。普段、スナッグレスネコリグなどでドライブクローラーを使いますが、確かに食いはいいがフォールバイトが殆どないのがネックで落ちる時はストレートワームなのでノーアクションで落ちることになる、せっかくベイトフィネスがあってネコリグでもカバーの中に撃ち込むなどの釣りが多くなって、それらは本来フォールバイトのある釣りである。そこでフォール中も浮いてるバスを食わせられたらいいのにと、その上で落としきってからは重さでシェイクで誘うどっちも有効なアピールができる、それがOSP ドライブカーリー 4.5である。ボディシェイプが若干横扁平でツインカーリーが左右のバランスが取れているので回転せずピタッと止まってヒラヒラ泳ぐのでフリーリグでもどんなリグでも回転しないで安定した姿勢を保ち続けられる。

ノーシンカーリグ、スプリットショットリグ、キャロライナリグなどジグヘッドのようにシンカーで姿勢が固定されないのではなくどうしてもフリーで暴れてしまう様なリグで使っても全く回転しないでいい姿勢をキープして泳いできます。続いてOSP ドライブカーリー 4.5のインプレは一点シェイクだとさほど動くわけではないが、相当スローに横に引っ張ってシェイクの幅が細かくても動きます。テールだけではなくボディの動きにもこだわりがあり、決して柔らかすぎることはなく適度な反発感で、それを可能にしたのがセミリングボディである。なぜセミリングボディのなぜリングがそれほど深くないのかというと深いリングにするとふにゃふにゃしすぎるからである、反発力がなくレスポンスが悪くなる、セミリングはレスポンスが高くしっかり水を掴むのでOSP ドライブカーリー 4.5はそうなっている。

⇒【爆釣確定!】OSP ドライブカーリー 4.5

OSP

Posted by lureninki