ゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチ 020 ブラック(ソリッド)のインプレはライブベイトに近い微弱ライブ系波動を放つ

ゲーリーヤマモト 2.5インチ レッグワーム

⇒【爆釣確定!】ゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチ 020 ブラック(ソリッド)

タフな状況下でも最後の最後までバスが反応する

ライブベイトに近い微弱ライブ系波動を放つレッグワーム

ゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチ 020 ブラック(ソリッド)のインプレ

ボディの縦と横の異なるリブとバイブレーションテールで、

バスにとって「食べたい!」と思わせる弱った小魚の動きを超リアルに再現します。


⇒【爆釣確定!】ゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチ 020 ブラック(ソリッド)

ゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチのダウンショットでリグりたい時はオフセットフックで針を結ぶ時にクリンチノットで3回糸に巻きつけて針の先に残っている穴に穂先を通して輪っかから抜く、これがクリンチノットという結び方です。ダウンショットは針が下を向いちゃっているとフッキングができずにバスが食ってこないので針を上を向かせたいので針の穴に上から糸を通す、これで上から引っ張った時にハリが上を向いてくれるという使い方ができる。ダウンショットで注意しておいたほうがいいのは結び目がずれてしまって横を向いちゃうときです。そうなるとワームをシェイクしてもちゃんと真っ直ぐシェイクされなくなったり、回収する時に糸がよれてしまったりするのでできるだけ真っ直ぐしっかり結んでおく、そのためにはクリンチノットの時に針を2回通すダブルクリンチノットという結び方がより安定するのですが、ただ現場でそれをするというのはなかなか難しかったりするので、1回通してゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチ用に糸がずれない針というのがあるので、その針を使うとさらにフッキング力が良くなる。


続いてゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチのインプレはテールが下向きになるのが正解なのですが、ただ逆向きになっても釣果が変わらないという実験結果もあります。ただ横向きにしてしまうとダウンショットの時によれるので上下のどちらかの向きにしておいたほうが無難でしょう。ネコリグの時は横向きにしたりするが、やはりダウンショットの時は縦に付けます。オフセットの針先がどこにくるか大体のアタリをつけて反対側から刺して、一回抜いて針先を隠す使い方です。

抜かない方法もあるが1回抜いてしまったほうが針先は隠せる。ライトリグなので硬い竿でかけるわけではないので完全に埋没してしまうと、ラインも細いしロッドも柔らかいのでちょっとフッキングが悪くなってしまう、ストラクチャーやウィードの状況の根がかり度合いによって隠す割合を調整するゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチのダウンショットでシンカーの重さは2.7g 3/64オンスとう重さがメインとなって使っていくことになる。

沿いいったシンカーを使う理由はフォールの時にしっかりとテールが動いてくれるからです。さらにゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチのインプレでは1/32とかのシンカーを使うとフォールの時にあまりテールが動かないんです。動かないものを動かすというのはパワーを伝えなければいけない、その伝わったものが魚に感じてもらえる、なんとなく力をかけてないのにルアーが動いているだけでは遠くからバスがルアーを発見してくれないのです。

⇒【爆釣確定!】ゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチ 020 ブラック(ソリッド)