レイドジャパン バトルホッグ 3.8インチのインプレはボリューム感を備えた絶妙なボディシルエット

レイドジャパン バトルホッグ 3.8インチ

⇒【爆釣確定!】レイドジャパン バトルホッグ 3.8インチ

テキサスリグやラバージグトレーラーなど、ベーシックなリグでカバー周りやボトムを攻略するハイインパクトベイト。

レイドジャパン バトルホッグ 3.8インチのインプレ

3.8インチというサイズ設定は、3インチクラスのコンパクトさと
5インチクラスのボリューム感を備えた絶妙なボディシルエットを実現。

⇒【爆釣確定!】レイドジャパン バトルホッグ 3.8インチ

春のベイトで河川や溜池にいる春から動き出すベイトを普通のフィールドで好んでバスが食う生き物といえばザリガニ、そこで戦うザリガニのレイドジャパン バトルホッグ 3.8インチを使った釣りがすごくスタンダードで昔からもあり今でも強い釣りである。続いてレイドジャパン バトルホッグ 3.8インチのインプレは3.8インチとボリュームや重さがあっても小さいサイズの魚も食ってきて口にしっかり入るサイズです。落ち葉がいっぱい落ちていて砂というよりは泥っぽさのある岸際のカバーでザリガニが出てきそうな状況に釣果が上がる。春先に動き出したザリガニを意識して攻略するのに絶対なリグというのはない、なぜないかはシャローによって形が違うから、アクションで撃ちたいシャローがどういった特徴があるのかとリグの特徴を合わせることが重要だ。

いくらバスがザリガニを意識してシャローに餌を補食しに来ていてもリグとシャローの特徴が合致していなければ釣りづらくなる。リグとフィールドの状況が合っていないと根がかりが多発してまうので、根がかりしないリグを選ぶことが重要になってくる。さらにレイドジャパン バトルホッグ 3.8インチのインプレをご紹介。ではどういったリグがいいのか、一つはフリーリグである。10~14gのちょっと重めかなと感じるものを使うことになる。フリーリグをどのように投げていくかというと、それがシャローのティップアップである。


ゴロタエリアやテトラ、リップラップのような穴が存在する場所などにフリーリグを使うと釣果アップにつながる。隙間に対しても入りやすいのにちゃんと抜けてくれるので安心して使える。ザリガニは水温が15度を超えてくるような状況だと穴から出てきてシャローを動き出しそれをバスが食うようになる。ではオールマイティでどこにでも打てるよというような一番オーソドックスなのはフリーテキサスである。

5~7gの重さでフリーテキサスは様々なシチュエーションに対してそつなくこなしていくことができる。結構いいカバーで根がかりが怖いけどでかいバスを掛けていきたい時はオーソドックスなフルサイズジグ、マスタージグにレイドジャパン バトルホッグ 3.8インチのボリュームのあるものを付けていってあげるのも効果的である。近年のトレンドであればフットボールヘッドを使ったミノストはどちらかというとスイミングで誘っていく、サーチしつつボリュームとアクションを出して投げていく。リグの選び方一つで根がかりが多発するし、合えば根がかりなくスムーズに探ることができシャローを攻略しやすくなる。バトルホッグの使い方は3.8と4.4インチの2つあればいいです。その使い分けはボリューム感が大事になってくる。その一つが単純に見やすい、発見されやすいというのが一つ。もう一つがスローなボリューム感が大事になる。

⇒【爆釣確定!】レイドジャパン バトルホッグ 3.8インチ