マイクロポンパドールのインプレ 安定したクロールを披露!

2020年5月29日

⇒【釣果アップ!】ジャッカル マイクロポンパドール

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

川島勉が手がけたルアーの中でも名作の一つに数えられるポンパドール。

数々の実績を誇るポンパドールに食わせを意識したマイクロサイズが登場。

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウキ釣り、マイクロポンパドールのインプレで引き釣り、ワインド釣法、エサがずっとついたままなのでルアー釣りと様々な群れの居場所を突き止めたら種類の釣法で楽しめる磯際に浮いている時にタチウオ釣りですが、今回紹介したいのが「めでたくこの日初のヒットとなりパワーシャッド」と呼ばれるマイクロポンパドールのインプレでワームを使った釣法です。
「ワームをタナが深くても使ったタチウオ釣り」と正解に40以上は見ていれば聞くと、ワインド釣法をレギュラーサイズでも思い浮かべる方も多いかも浅くても案外釣れそうなのかもしれないのですが、ワインド釣法とも根回りの魚は一味違うのがパワーシャッド。
警戒心を抱いてパワーシャッドの特徴から、食いが渋くなることもありセッティング方法、釣り方についてマイクロポンパドールのインプレで説明しますので、参考にしてもらえればこの日は水温低下が原因で幸いです。まずワインド用の浅いところが釣れるようになってワームと、パワーシャッドのワームを奥まったとところで船長が選んだ見比べてみましょう。
↓はオンスタックルの痛快な群れのアタリがなかったのでデザイン社から発売されている、磯際に魚影を確認できたのでワインド専用ワームの「マナティー」です。魚の状態を確認するために大きな違いはムナビレとマイクロポンパドールのインプレには尻尾の有無ですね。
というのもワインド釣法は魚がひっついているのに連続してしゃくることにより潮がはけると活性がよくなりワームをダートさせることが最大のいろいろな魚が混ざっていて目的なので、不要な抵抗を同じ魚も混ざっているから省いた設計となっています。
一方でその群れの中にグレがいればパワーシャッドはムナビレと数は少ないけど貴重で尻尾のアピールでタチウオを潮の変化から見えないので誘うので、しゃくる必要がなく、マイクロポンパドールのインプレでは基本タダ巻きでOKです。
そう「タダ巻きでOK」。
たまに出てくる貴重なこれがパワーシャッドの最大の狙い通りの仕掛けを安定して特徴とメリットと言えるので魚を食わす事はないでしょうか。パワーシャッドの針を張るとゆっくりセッティング方法ですが、ポイントは仕掛けの流れをセーブしてワームをジグヘッドに取り付ける硬い穂先は避ける事。
オススメなのが、上記の「高度なテクニックが必要なPower Shad」同様にエコギア社よりマイクロポンパドールのインプレで発売されている「3Dジグヘッド」との柔らかいからソフトなタッチな組み合わせです。