ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピースのインプレは「釣れる竿とは何か。」を追求した

2021年6月14日

⇒【操作性抜群!】ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピース

虚飾を配した質実剛健ロッドが新たな設計思想とテクノロジーで

昇華したBLX!感度と操作性に特化した「SG」

ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピースのインプレ

大会のトーナメントに出場するような人も愛用するロッド、それがダイワ ブラックレーベル!

バーサタイル(汎用性)のあるいろいろなものに適応して何にでも使える!

タックルには普通、ジグならジグ、ワームならワームといった具合に

専用性のあるものが一般的ですが、ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピースは多くの釣りのスタイルに適応します。

⇒【操作性抜群!】ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピース

水中の障害物やボトムといいたものを把握する、そういう意味合いでダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピースを使います。
全体の水深が浅いようなシャローでは減水していたらちょっと難しいバス釣りになるかもしれません。
どうしてもバスという生き物は減水をを嫌いますからね・・・


ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピースを投げていて特に春というのはあまり底を叩きすぎるのは良くなくて小さな魚が釣れてしまいます。
春はバスが卵を持っている事が多く、その卵を暖めるために日光が当たりやすい表層付近まで上昇してきます。
でかいメスのバスを釣るなら中層から表層少しした付近を探るのがこの時期のインプレになってきます。


ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピースでは投げてから一旦シンカーを落としてすぐにまかないように気をつけよう。
リーダー分の長さが先にシンカーが落ちてワームが上にいてそのワームが落ちるフォールの時間がものすごくバスを刺激します。
少しロングリーダーにしてシンカーの動きでワームが不自然な動きをしないようにナチュラルにフワフワと漂わせつつ石をぽんと外したようなワームの動きで食わせる!

⇒【操作性抜群!】ダイワ ブラックレーベル SG 682MHXB-ST ベイト 2ピース

ダイワ

Posted by lureninki