アブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパンのインプレはスプールが6回転するという意味

⇒【操作性抜群】アブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパン

定番のアンバサダーAmbassadeur CS Rocket Champagne 

カラー発売ベークライト2PIN式ブレーキ搭載の完全日本企画のCS Rocket。

汎用性のある、アブガルシア伝統のクラシックシリーズです。

アブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパンのインプレ

アブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパンのラインキャパは6号、100m巻けるリールです。
ブレーキが強めの設定なのでクラッシュがしにくいです。


⇒【操作性抜群】アブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパン

軽いルアーが若干投げにく印象。ジョイクロやワンテンも一応投げれます。ジョイクロを投げた場合は若干糸が浮き気味になるのでバックラッシュをするほどではないが少しサミングをしたほうがいいかなという印象。結果的には収まるが途中でスプールの回転がカツッとなる。これは無風の場合なので向かい風などで若干変わりそうです。飛距離の方は30mくらい。ギア比が低いので若干、リーリングジャークがやりにくいだろう。キャストの真ん中くらいで糸がふけるのでアブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパンのメカニカルは少し締めたほうがいいだろう。ワン点の場合はキャストしても糸は全然浮きません。また飛距離は40mくらい飛ぶので投げてて楽しいです。巻いてシャクる時に一瞬ハンドルが戻るが普通に使う分には問題ないという感じ。


500はボールベアリングの数を補助する役割へと変化しました。ハンドルはアブガルシアの他の機種のものにチェンジされています。メカニカルを少し締め込んでいる場合でも回転は非異常に素晴らしい!オールドとは違いCSロケットはシャフトが分離式となっていてUCモデルになっています。2点式のブレーキユニットになっている。アブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパンはナマズや他のルアーフィッシングにも使える。練りエサを使ってフナやその他の小型の魚の釣りも楽しめそうだ。剛性はなかなか数値化するのが難しいですが、明らかに丸型リールであるアブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパンは違いがわかります。カッチリしているからこそ巻いたときの巻き心地となっている。モチベーションや精神的な部分で釣りに影響が出そうだ。同じクランクベイトで巻いた時にメタニウムで巻くのと丸形で巻くのでは全然違いがあり、それによって気持ちよく釣りをすることができる。

⇒【操作性抜群】アブガルシア アンバサダー 5500CS ロケット シャンパン