バスデイ もののふ50Sのインプレ ハンドメイド感溢れる渋くてかっこいいルアー

バスデイ

⇒【基本性能の追求】バスデイ もののふ 50S

バスデイ もののふ50Sのインプレ

50mmは渓流ルアーにおけるスタンダードサイズ。

まずは最初にキャストするメインアイテム。

ヘビーシンキングのジャンルではあるものの、

4.6gのウェイトはロッドを選ばず誰もが投げやすい設定に。

【ルアー合衆国プラス】バスデイNEWルアー最終プロトで渓流釣り!テスト実釣お見せします!!

東北の河川での実釣に追いてはフォールの時でももののふ50Sのフォールが活きるというルアーです。

王道の使いやすさとフォールスピードで魚を魅了して美しい魚を見せてくれるでしょう。

バスデイはこれまでフラットサイズミノーがなかったので

なぜ開発されたかというと釣り人として開発者自身が欲しかったからである。

渓流釣りをやっていると行き着く先はハンドメイドや渋くてかっこいい世界なので

見た目からもかっこいいものを使いたいということで

今回のもののふ50Sは見た目的にもものすごくかっこいいデザインとなっている。

バスデイの塗装は昔から評判もよく、特に店頭などで見てもらえればわかりますがかっこいいと言う印象を受けることでしょう。

こだわりは顔のアルミやハンドメイド感あふれる頭部の黒、

これまでバスデイになかった落ちた目を強く意識してハンドメイド感あふれるルアーとなっています。

バスデイ もののふ50Sの使い方

水が少し濁っていて増水気味の川では流れの押しが強いので

岩の裏などの流れの緩くなるところの魚を狙って投げていくのがベスト!

バスデイ もののふ50Sのアクション

一瞬間が取れるようにほぼ水平で耐えます。

そこからお尻に流れ込んでいく。

フラットサイドミノーならではの操作をして釣るという部分では

チョンチョンとトゥイッチした時にヒラを打つ感じ入力がしやすいかどうかも変わります。

バスデイ もののふ50Sのカラー

もののふ50Sのカラーは

アカキン
メッキアユ
ヤマメ
パールヤマメ
ピンクバック
チャートバック
チャートバックゴールド
テネシー
オイカワ
イワナ
ニジマス
カラフト

の12色となっています。

⇒【基本性能の追求】バスデイ もののふ 50S

タイトルとURLをコピーしました