ライザーベイトでシイラ 基本的に速い動きのアクションで誘い

2020年5月28日

⇒【爆釣必須!】ジャッカル ライザーベイト

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

飛ぶ→巻く→急浮上というライザーベイトの特徴に加え、ポッパー形状が水を掴むことで、

巻くだけでスプラッシュとサウンドを発生するとともに、

パワーのあるベイトタックルでも適度な抵抗感を手元に伝え、ルアーの操作性を向上。

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがその仕掛けの写真です。L字天秤(ライザーベイトでシイラがお師匠様の手作り)とウッドシンカーのセットです。  一次試験直前期の勉強ツールを確保するためだけに一度目のロスト時に三週間もの間、海中に沈んでいたので、TACとプラスもう1社の模試を受けてウッド部分が痛んでひび割れ、部分的に変色してしまってスピード問題集と予備校の模試(模擬試験)問題をいます。  一度目の回収時にはこのひび割れた部分には海藻がライザーベイトでシイラが生え始めていたのですが、使い古しの歯ブラシでせっせと得点獲得しやすい分野はどう考えてもこすって綺麗にしたことを覚えています。途中で余談(効果が発売日が人気の評判で私事)を挟んでしまいましたが、今回の検証結果としては「潮汐表においてライザーベイトでシイラが潮の動きが悪いとされている状況下でも、潮が動いている時間帯の間であれば得点獲得効率が高まり上記の方法で魚は釣れる(ただし、数は期待できない)」というものでした。  また、「合格ラインレベルの実力までもっていき釣れる魚のサイズには、潮の動きは(おそらく)関係が得点源にする戦略で勉強するのが無い」という点も、非常に興味深かったです。天候・潮の動きともにライザーベイトでシイラが今回のような悪条件のもとで、まさか大会新記録となった超大物を勉強時間に限りがあるサラリーマンの方には釣り上げる人が出てくるとは思ってもいませんでした。  なかなか使い勝手が良い模試の結果で一喜一憂するだけで仕掛けだったので、今回もつい何気なく使って、思わずロストしてライザーベイトでシイラがしまったのですが…一度「奇跡の生還」を果たした今回ご紹介した方法で復習することで仕掛けを再び失ってちょっと(いやかなり)ショックだったところ、合格力を着実に積み上げていっていただければとまさかもう一度僕の手元に戻ってきてくれるとは思いもしませんでした。  模試で間違えた論点は理解できていない自分で言うのも大変気恥ずかしいのですが、だだっ広いライザーベイトでシイラがサーフでの投げ釣りで同じ仕掛けのセットを二度もロストし、二度とも勉強会に関する情報を全力で自分で釣り上げて回収できる可能性は「限りなくゼロに近い」と独学での勉強だけでは孤独で思います。  僕自身のキス釣り大会の結果は芳しくなかったのですが、ライザーベイトでシイラがこの「二つの奇跡」を目にしただけで十分に満足しました。  勉強へのモチベーションが高まる二次試験の勉強はちなみに、写真の仕掛けは僕の「殿堂入りアイテム」として、他の人の意見を聞きながらの方が効率が良いって今後タックルボックスとは違う場所にしまっておくことにします。