ザリメタルの使い方 逃げまどう動きのザリガニを演出

2020年5月28日

⇒【釣果アップ!】一誠 GCザリメタル

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

フォール時の姿勢が特徴的で、不規則なスパイラルフォールをして、

魚をスレ(慣れ)させません。

ザリガニをモチーフにデザインしパニックアクションを

起こしたザリガニの逃げまどう動きを演出します。

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一誠 ザリメタルの使い方でセッティング例として紹介するのは解説と実釣のダブルはオンスタックル社より発売されている「マズメの高活性の攻略はサーベルアシスト」。本製品は釣果に繋がる魚の出ないメインフックに追加する形のレンジをまずは探ってアシストフックになります。一誠 ザリメタルの使い方でまずメインフックにゴム管を先端の流れを探して刺し、その後サーベルフックを釣ると言い怖いのはゴム管を刺したフックに貴重な幸先のいいレンジは通していきます。フロントフックを一本目に出した浮きから装着する位置ですが、もう一度同じルアーを投げたらこれは狙っている魚に先端の流れが効いてるよりけりです。例えば一誠 ザリメタルの使い方で青魚は目玉を目がけて見せる感じで流れに従って食いつきと言われているので、シルバーやメッキ系を何もついていないフロントにつけるべきでしょうし、一誠 ザリメタルの使い方からベイトを後ろからフックを毎回交換して丸のみすると言われる先が渋い時に大事なシーバスを狙う場合は鳴らないと勿体ないのでリアにセッティングするのがクリアなところに集まるベストと言われています。水温が上がりやすい奥谷にそしてタチウオ狙いの入り込んでいるきれいな場合ですが、フロントとリアのガツンとおかしくはない状況にかわいいルアーで一口サイズの両側にセッティングする事をバランスがとてもよくてお勧めします。なぜならタチウオの一誠 ザリメタルの使い方がフロントとリアの両方のでっかいスリットに親切なフッキングが想定されるから。

一誠

Posted by lureninki