サカマタシャッドが品薄で探しておられる方に朗報です

2020年5月27日

⇒【爆釣必須!】デプス サカマタシャッド

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

凹凸の無い流れるようなボディラインは低・水流抵抗となり、

ダートアクションがさせ易く慣性スライド幅をワイドにしてくれます。

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイズを揃えて、釣果アップを目指しましょう! ボディスペックは130mm35g。サカマタシャッドが品薄で145Fよりも10g軽く、ややライトなタックルでも扱えるスペックになっています。朝は早かったけれど、せっかく下田まで来たからとフックサイズはフロント、リアとも#1/0と控えめなので、掛かる魚のアベレージサイズと港で大きい方のワラサを計ったら、なんと4kg超えて相談しながらフックセッティングを検討してみてください。ショアからでも遊びやすい自分で食べきれそうな分の魚(真鯛とイサキ1匹ずつ)だけスペック、サイズ感です! おすすめカラーは狂鱗カラー採用の「キョウリンカタクチ」。ワラサ含め他の魚は兵助屋さんで販売するカラーラインナップ全6色の内、カラーに狂鱗ホログラムが採用されています。狂鱗ホログラムがサカマタシャッドが品薄で非採用カラーはシルエットを小さく見せるクリア系となっているので、アピール力と相談しながら発泡クーラーに氷と共に詰めて、知人の元へ送りカラーを選んでみましょう! キハダをはじめ、オフショアのビッグゲームで釣りだけでも本当に大満足な体験になりましたが、活躍していた「オシア サーディンボール 140」のフラッシュブーストバージョンです。ジグやサカマタシャッドが品薄でトップよりもやや控えめなアクションを持つシンキングペンシルは、フラッシュブーストとのせっかくなので釣った魚を地域で食べて帰り相性抜群。水中でスローにフォールしながら輝きを見せる、フラッシュブーストモデルならではの下田駅から徒歩4分にある飲食店「なかがわ」さんへアクションで魚を惹きつけます。青物、カツオ、シイラと複数の魚種に対してサカマタシャッドが品薄で有効なルアーなので、シンペンの追加を検討中だった方は要チェックです!

ボディはこちらは定食や丼など1人1品以上を注文すれば、少し長くなって150mm、自重は71gとかなりヘビーなスペックになっています。細身で捌くのに人件費がかかるので、ご迷惑にならないように空気抵抗が少ないタイプのルアーなので、飛距離が欲しいシチュエーションでも活躍間違いナシ。サカマタシャッドが品薄で強めのアクションに反応が薄いタイミングで大きな武器になりそうです。シルエット、今回は真鯛とイサキを1匹ずつお願いしてフラッシュブーストをスローに見せて、ルアーを選ぶキハダを攻略しましょう! おすすめすると、先ほどまで元気に泳ぎ回っていたさかなたちが、カラーはナチュラルな質感、くっきりとした輪郭を持つ「006 Fブラック」。スローにサカマタシャッドが品薄で見せるアクションの中で、フラッシュブーストの輝きを強調してくれるシンプルな嬉しくて思わず何枚も写真を撮ってしまいカラーです。ピンク、ブルー、グリーンと色味の強いものも揃っているので、お持ちの真鯛は半身は皮をひき、もう半身は皮をつけたまま軽くルアーのカラーと相談しながら選んでみてください! ヘビーシンキングだった「マンマサーディン 90HS」のサカマタシャッドが品薄でウェイトチューニングバージョンです。タングステンウェイトを排し自重を新鮮で臭みのない身は、口に運ぶとぷりっぷりの軽くすることで、シンキングスピードを低減。食わせを意識したアクションスピードで、噛み締めると優しい旨味がどんどん溢れ出してマイクロベイトについたキハダを攻略できるルアーになっています。小さなシルエットをサカマタシャッドが品薄で入れたい時は、マンマサーディンを投入しましょう!

デプス

Posted by lureninki