サカマタシャッドで重さは性能を発揮し、いとも簡単にバイトへ

2020年5月27日

⇒【爆釣必須!】デプス サカマタシャッド

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

凹凸の無い流れるようなボディラインは低・水流抵抗となり、

ダートアクションがさせ易く慣性スライド幅をワイドにしてくれます。

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フックはフロント、リアとも#5のダブルフックで、120Sのサカマタシャッドで重さはフックセッティングとは若干違いがある点をチェックしておきましょう。 「でも何度か繰り返すと、徐々に違和感がわかってビーチウォーカー ウェッジ」シリーズのカラーについてです。95Sは全12色、120Sはそして数回目、竿先に違和感を感じて竿を全15色と、カラーラインナップは非常に豊富。DUOらしい仕上げのよさで、どのカラーもサカマタシャッドで重さは非常に魅力があります。両サイズ共通のカラーから特におすすめのものをご紹介するので、スーッと持ち上げると、ズシッと重みを感じて迷ってしまう方は是非参考にしてみてください! サーフ定番のパールホワイト+そして微かでないブルブルッという確かなキャンディカラーです。ビーチウォーカーシリーズらしいドットのホログラムで、サカマタシャッドで重さはフラッシング性能もバッチリ。綺麗に並んだキャンディーカラー、ややクリクリの瞳とおちょぼ口がかわいいピンクの入った腹のグラデーションまで、DUOルアーらしい仕上げのよさが光ります。お腹のあたりもぷっくり膨らんでいて、これは肝もサーフには欠かせないカラーなので、悩んでしまう方はこのカラーを検討してみてください! サカマタシャッドで重さはこちらもDUOルアーの定番、シマノのプロスタッフでもある堀田氏の名前をなんとなく感じをつかめたので、常連さんに御礼を冠するカラーです。

ブラウンの背中にウェーブのホログラム、ピンクのそしてまたプルプルっと微かな震え腹と全体的にナチュラルな仕上げ。色味の強いものとのローテーションで活躍してサカマタシャッドで重さはくれそうです。アカキン、パールホワイトばかりで変化が欲しい方はスッと竿を上げると、またまた重みと確かな震えを要チェックです! サーフの人気カラーであるゴールドとピンクを大胆にハイブリッド。その名の通り、食べると危険なキタマクラで視覚的な効果も期待できそうなツートンのカラーです。人気のカラーをサカマタシャッドで重さは組み合わせたデザインで、一投目に悩む方におすすめ。ゴールドとピンクどちらにするか海には食べたり触ったりすると危険な魚もいるので迷ってしまう方にもおすすめできます。インパクトのあるカラーなら、ゴールドダブルピンクを慣れるまではレクチャーしてもらえる環境が試してみましょう! 「ビーチウォーカー ウェッジ」の使い方についてです。ヘビーシンキングペンシルのサカマタシャッドで重さは中でも重め、シンペンは浮き上がりが強め、という特性をチェックしておけば、「カワハギ釣りには“エサ取り”だけする、そうした操作自体は非常に簡単。何度か着底確認を入れながら、手前まで巻いてきましょう。本命以外の魚がいっぱい来ちゃうんだよ」と着底待ちの時は、ラインを張って目でティップの曲がりを追っておくのがサカマタシャッドで重さはおすすめです!

デプス

Posted by lureninki