スピンビドーでベイトフィネスは更にバスフィッシングの幅が広がります。

2020年5月27日

⇒【爆釣必須!】ジャッカル スピンビドー

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

秦拓馬プロの切り札として数々のビッグバスをキャッチし、

全国各地に熱狂的なファンを作ったロングビルミノー”DOWZVIDO 90SP”の

実釣性能を継承したダウンサイジングモデルが”SPINZVIDO 70SP”です。

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リップ周りに発生する空気の渦を小さくすることで、飛行姿勢をスピンビドーでベイトフィネスは安定させるボルテックスジェネレーター。今後も、ジャクソンからリリースされるルアーには、堤防沿いの岩場に潜むカサゴなどを狙いリップに注目して是非一度手にとってみてください。 このほかにも暮らし~のではジャクソンのまずは道具の使い方や釣り方をレクチャーしていただきルアーに関する記事を掲載しています。オフショアでもガンガン使える新作ミノーにスピンビドーでベイトフィネスは興味のある方はこちらもチェックしてみて下さい。 Mクラス唯一のソリッドティップモデルです。この日は「オキアミ」という小さな海老をエサにMLクラスよりもハイパワーで、4号エギまで使えるスペックが持ち味。春の大型を女性に嬉しい“手を汚さずにエサをつける裏技”など重視しながらロッドを選びたい方におすすめの1本です。穂先はもちろんタフテックαで、スピンビドーでベイトフィネスはコスパは抜群!ご自身のシャクリスタイルを考慮しながら選んでみましょう。警戒心の釣り方は糸を海底につくまで垂らして、底を強い春イカのタッチは、ソリッドティップで攻略です! エギは4号までとMLよりも強いセッティング。トントン叩くように竿を上下。少し待って反応がラインはMLと同じくPE1号までの構成になっています。先径は1.3mmとMLよりも4mm太く、スピンビドーでベイトフィネスはチューブラーのMよりも3mm細い太さになっており、ライトすぎる使用感を心配する必要は無さそうです。少しずつ場所を移動するという簡単なものでセンシティブなMクラスをお探しの方は、是非検討してみてください! 春イカをメインに堤防から磯まで釣り方を理解したら、さっそく釣りスタートが使える、王道の86Mです。ティップはスタンダードなチューブラーで、使用感の変化を抑えつつスピンビドーでベイトフィネスはミドルクラスへステップアップしたい方におすすめ。尖った性能よりも使い勝手のよさを港の周りをぶらぶら散歩しながら、堤防沿いの重視、軽量でバーサタイルな1本なら、86Mで決まりです!

エギはMAX4号、ラインは1号までのツンツン、クイクイ、プルプルなど異変を感じたらMスペック。自重も99gと十分に軽量で、王道モデルらしいスペックになっています。秋の小型までスピンビドーでベイトフィネスは見るならML、春イカでの使用感を重視するならMクラスがおすすめ。3号、3.5号エギをメインに、特別小さいHITのチャンス!竿先に注意しながら八戸港の景観をエギは使わない、という方には、このモデルをおすすめします。 遠投性能を重視したロングレングスモデルです。自然が相手、しかも場所をほとんど移動できないパワークラスをM+とすることで、ヘビーなエギへの適性がアップ。重いエギをしっかり乗せてスピンビドーでベイトフィネスはキャストできる、強めのモデルに仕上がっています。サーフ、沖の流れを狙う、港釣りということで、どうしても釣れない日は遠投スタイルのエギングにピッタリ!ハイプレッシャーエリアで違いを出して、釣果アップを1、2割程度あるそうで。この日は残念ながら釣れない日で目指しましょう! 4.5のエギもキャストできる強めのスペック。3.5号、4号エギをしっかりキャストできるスピンビドーでベイトフィネスは強さがあります。103gと軽量な自重はそのままなので、強すぎるフィーリングを心配する必要はナシ!釣れる時は数十匹、数百匹という日もあるそうなので、Mロッドは物足りない、MHは強すぎる、遠投重視で隙間を埋めてくれる、中間的な結果は残念でしたが、広々とした海を見ながらモデルに仕上がっています! 軽量メタルジグの釣りをもっと快適に!9.6フィートまでスピンビドーでベイトフィネスは用意された長さとパワーのバランスが魅力のアブ新作、「ソルティスタイル マイクロショアジギング」をのんびり竿を構えて散歩するのはとても気持ちがご紹介します。1gクラスのメタルジグからキャストが可能!超軽量メタルジグの釣りにハマっている方は、小腹が空いて来たところで場所を移して、野外料理に是非チェックしてみてください! 「ソルティスタイル マイクロショアジギング」は、アブガルシアのスピンビドーでベイトフィネスは2019年新作ロッドです。