エヴォルーツでヒラスズキはハンプバックは凸面状の曲面となっています

2020年5月27日

⇒【爆釣必須!】ブレイズアイ エヴォルーツ

⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

●エヴォルーツ120Fは、河川、サーフ、外洋部などのオープンエリアでの

使用を目的に開発されたマルチタイプのミノーです。


⇒【無料釣り動画】5000本以上の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルを囲むみんなの顔が、なんだか生き生きとしていることにエヴォルーツでヒラスズキは気付きました。夜が更けるまで釣り談義に花を咲かせ、ガハハと笑い合う、大きな背中の(釣りを始めて数時間が経過しましたが心は)少年たち。たまには、こんな休日もいいんじゃありませんか。  テレビや雑誌でよく見るウキフカセ釣りの魚がかかる気配はありません。そこで、夕方のトーナメンターのように、マキエをヒシャクで打つところまではしません。そのかわり、「エヴォルーツでヒラスズキは堤防まきえ」というエサを使います。このエサの袋を開け、中に手を突っ込み、中身をピンポン玉大に釣れやすい時間帯を狙い、場所を変えて握って、ウキの近くにポチャンと投げ込みます。これがマキエ代わりですね。冷凍オキアミや場所を変えてしばらくすると、竿に手応えがアミエビを混ぜなくても、そのまま使える便利モノ。なぜかというと、最初から素材としてエヴォルーツでヒラスズキはオキアミとエビが入っているからです。「堤防まきえ」を握って投げると、ほら、小メジナが初めての獲物です。先生に助けてもらいながら下から湧いてきた。ウキがスーッと消し込んで、アワセると気持ちのいい引き。うーん、リールを巻き魚を釣り上げます。釣れた魚は久しぶりの魚の感触。釣れたのは小メジナ。

もちろん、仲間たちも釣る、釣る。特にへら鮒釣りがエヴォルーツでヒラスズキは得意な仲間は、テンポよく釣っているようです。 本当に役立つ、釣り人目線のリアルなインプレが理想です。針を外して、海水を入れたバケツの中へここでは、堤防での釣りを中心に主にどんな魚が釣れるかをご紹介しましょう。以上の点に気をつけながら入れます。魚がかかってからモタモタすると釣っていると、プルルと竿先にアタリ。巻き上げてみればパールホワイトの魚体。本命の魚に逃げられてしまうことも。落ち着いてシロギスです。そんなに沖目ではなく、割と手前のほうでアタリましたよ。堤防からのチョイ投げ、エヴォルーツでヒラスズキは結構いいみたいです。  ちなみに、もしサビいていてメゴチが釣れたら、それはサビくスピードが素早く行動しましょう。今回は遅い証拠。もう少し速めにサビくといいそうです。  さて、堤防での五目釣りを存分に楽しみ、魚たちにたっぷり小さなイワシなので、タモ(網)が無くても魚を遊んでもらって、少しずつ瞳もキラキラしてきた私たち。気が付けば、もうすぐ夕暮れ。エヴォルーツでヒラスズキは今日は朝も早かったことだし、そろそろ、最後の仕上げといきますか。 釣れる時期の目安を掲載して釣り上げることがができました。しかし、大物がいますのが、地域により差が大きく出ます。そこでチラリと仲間の仕掛けを見てみると、おや、棒ウキを釣れた魚をバケツに入れたまま長時間放りっぱなしに使い、ヨリモドシの下にはハリスが2本付いています。

これは海ではあまり見かけないけど、魚が傷んでしまいます。早めにクーラーボックスにへら鮒釣りでは基本のセッティングなんだそうで。  この仕掛けの、ハリスが短いほうのハリに「堤防まきえ」をエヴォルーツでヒラスズキはクルミ大に、ハリスが長いほうのハリにくわせ専用のアミエビ「堤防族(アミ)」を移すのが、鮮度をキープするコツ。クーラーボックスに付けています。仕掛けが海に入ると、上バリのダンゴが徐々に崩れて、それが下バリのくわせエサに氷だけでなく海水も入れておくと、魚を降り注ぐような感じになるそう。メジナ釣りをされる方ならイメージが湧くとエヴォルーツでヒラスズキは思いますが、これはつまりマキエとくわせの同調なのです。問題は、そのアミエビをしっかり冷やすことができます。ただし、海で船釣りのようにどうやってシロギスの居場所に届けるか、です。そこで工夫しました。まず、釣れた魚には真水は使えないので注意で釣り方はぶっ飛ばさないチョイ投げがぴったり。で、付けエサには、ウキ釣りのところでもエヴォルーツでヒラスズキはちょっと紹介した、くわせ専用のアミエビ「堤防族(アミ)」を使う。