エギングで夜はただ巻きが竿の硬さとエギの重さを必ず

2021年6月14日

投げてゆっくり巻くだけでイカが釣れちゃう!?

イージーアクションの金字塔「パタパタシリーズ」をご紹介!!

エギングで夜はただ巻き

ただ巻きの場合は触腕一本というバイトがどうしても多くなるのでなるべくゆっくり寄せるように心がけましょう。

例えば潮が右から左へ流れている場合はやや右の潮上に投げましょう。そこでロッドを左へ少し傾けて潮の流れている方向へゆっくり巻いていきます。
(左からの潮の流れの場合はこれの逆)

夜のただ巻きでのエギングでのコツは潮の流れを把握して潮に流すことになります。

風の強さや潮の流れの速さに合わせてリールの巻きスピードをコントロールすることも重要になります。
ではどれくらいのスピードで巻けばいいのかということになりますが、このスピード!というのがありません。
ゆっくり、普通、早め、といった具合にその日のフィールドのコンディションに合わせて巻スピードを調整することが夜のエギングのただ巻きで釣れるかどうかに繋がります。

ただその日の巻きスピードの感覚さえつかめれば誰でも簡単に釣れるようになります!
潮が流れてない日はゆっくりですが基本的には潮の流れに合わせて巻くように心がけましょう。
最初は何匹か釣るまではこの感覚が難しいのですが、ある程度釣ると感覚がわかってきますので諦めずに何度もトライしましょう。

なぜただ巻きがいいのかというと、あわせがいらないからです。イカが乗ったら勝手にエギを引っ張っていっってくれるので、その時の竿の反発力でフッキングしてくれるからです。
これが夜のエギングのただ巻きで誰でも簡単に釣れる理由になります。
あわせようとすると触腕一本の掛かりが多くなる都合上、イカの足が切れてせっかく乗ったイカが逃げてしまうことになります。
そして一番重要になるのがエギを一定のスピードで巻き続けることと、エギをしっかりまっすぐに引くことになります。

この巻きとまっすぐの練習はお昼の明るいうちに行ってエギが斜めになっていないかを確認しながらコツを掴むようにしましょう。
エギはダイソーなどの安物のエギを使うのではなく、いいエギを使うことをおすすめします。
ラインの結びでキャストして巻いてきたエギが真っ直ぐ泳ぐようになるかどうかが決まるからです。
イカは安定した泳ぎをしているエギをよく抱いてくれるので、とにかく安定した泳ぎが実現可能なエギを選びましょう。
これが夜のエギングでただ巻きで釣るコツになります。