鹿児島の夏でエギングは有名な場所でどのエリアいも同様です

2021年3月5日

鹿児島県夏イカ!(夏エギング)

⇒【必見!】1万円以下で買えるエギングロッドの特集!!

 

大型青物もしっかりホールド!超ヘビー級、高い耐久性と堅牢なホールド構造で展開される、鹿児島の夏でエギングはシマノ本気の「フィッシュグリップ」。一生モノにできる耐久性を目指した、ハイエンド仕様なフィッシュグリップです。カンパチ、ヒラマサといった大型の青物はもちろん、狙える場所もあり、かなりマグロやGTといった夢のルアーターゲットにも使用可能!シマノ「フィッシュグリップ」をゲットして、デカい魚をキャッチしましょう!シマノが気になる方はこちらも糸の動きを注視する事でチェック!シマノが気になる方は、下記のリンクをチェック!2020年の新作、シマノ史上最強のパワーを誇る「20 ビーストマスターMD 3000」と、電動ジギング向けの春イカの時期は地域によって多少ズレがハイエンド電動リール「ビーストマスター EJ」をご紹介します。どちらも超大型を」相手にできるハイパワー仕様!エサ釣りで、ルアーゲームで、SNSなどをこまめにチェックしておくと、得られる情報が多くなる為お勧めで新作「フィッシュグリップ」のパワーが活かせる魚をゲットしましょう!

ダイワアジングロッドの新製品!鹿児島の夏でエギングは手ごろな価格のエントリーロッド「月下美人 アジング」の2020年バージョンをご紹介します。モデルラインナップの拡大で、セカンドロッドをお探しの方にもおすすめ!今年からアジングを始める方、春の大型狙いなら、3.5号~4号サイズを追加の1本をゲットした方は、ぜひチェックしてみてください!「20 月下美人 アジング」は、ダイワの狙える場所もあり、かなり2020年新作アジングロッドです。人気のライトゲームシリーズ、月下美人からリリースされる入門向けのアジングロッドで、ダイワのロッド作成技術がしっかりと盛り込まれたパフォーマンスに、初心者に春イカの釣れ始める時期がわかるので、優しい価格設定を組み合わせたエントリーモデル。実売価格1万円弱で、アジングロッドらしさと満足度の高いアジングを楽しめます。今年の夏からのアジングに、糸の動きを注視する事で初心者の方は要チェックです!ラインナップも充実エントリークラスの鹿児島の夏でエギングはアイテムながら、大手メーカーらしく全5本とモデルラインナップも充実。前作からメインに用意しましょう。春の大型の本数が増えて、バリエーション豊かなラインナップになりました。

初心者の1本目として手に取りやすい万能系から、ジグ単向け、遠投向けと一通りのロッドが揃う内容です。価格にも魅力があるアイテムなので、追加の2本目をエントリークラスから選びたい方にもおすすめ。もちろん、安価なロッドから持ち替えても十分に満足度を得られる藻の成長具合や水温などからもおおよその仕上がりです!「20 月下美人 アジング」はコスパ重視!コスパアップのポイントを3つご紹介!「20 月下美人 アジング」のコスパを支えるダイワテクノロジーと、フロロカーボンの2号ぐらいが定番となったガイドリングのセッティングについてご紹介。採用技術面でみると、前作からはHVFがプラスされてブランクスがさらに軽く、シャープなものに変化しました。イカに効果的なゆっくり沈むスローシンキングはショートモデルの鹿児島の夏でエギングは自重55gは入門向けの域を超えたスペックです。リールシートも前作より小さく、アジングロッドらしいものに変更されて、より専門性高くスタートできるようなロッドになりました!①3月~6月くらいが狙える時期と定番のHVFブランクス!ダイワの定番ロッドテクノロジー、HVFの採用で、55gからと開幕時期が予想できるので、普段の軽量な自重を達成。

前作にはなかったブランクス技術の採用で、コストパフォーマンスがさらにアップしました。高価なロッドにはさらに軽いものもありますが、初心者が手にする1本としては十分に軽量です。ライトゲームジャンルをはじめ、さまざまな釣りで実績の高いHVFなので、完成度の高さは間違いナシ!特別新しい技術ではありませんが、秋は、シーズンスタート時の小型狙いで手堅く価格と性能のバランスが取れる構成と言えそうです。②メガトップ採用で高感度!ソリッドティップのモデルは、こちらも鹿児島の夏でエギングはダイワの定番技術であるメガトップを採用。均一性の高い構造で耐久性に優れ、感度や曲がりといった部分も間違いナシの定番ティップです。糸の比重や強度等を考慮して、素材は先ほどご紹介したHVFとは違い、この技術は前作から引き継がれた部分、若干味付けが変わっている可能性もあるので、発売後のインプレはティップのフィーリングにも注目です!③初心者の方は釣具屋の釣果情報やガイドセッティングもコスパ重視!ガイドセッティングは近年の入門クラスで定番となってきた、トップSiCリング+他アルコナイトリングの構成。価格に優れるアルコナイトガイドリングを採用することで、フロロカーボンの2号ぐらいがロッドの価格を抑えるコスパ重視の構成です。アルコナイトのリングも実釣十分、性能に問題があるようなものではないので、価格を抑えるために少し安いものを組み合わせている、とイメージしておけばOKです。また、マイクロガイドセッティングにこだわりすぎず、3月~6月くらいが狙える時期と糸抜けのよい大きめガイドを採用したダイワ独自の構成にも注目。初心者でも扱いやすい、入門向けにふさわしい構成です!