大分県で夏にエギングをすればほぼ確実に釣れる!?

【エギング】大分でエギングしたら8割の確率で釣れる!と思う

⇒【無料釣り動画】エギング完全攻略の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

 

端糸を咥えるキーホルダーを通していた輪の中にショックリーダーの端糸を通したら、大分県で夏にエギングをそれを歯で咥えます。一旦仮留めをするために、7割程度まで締めましょう。締め方は、端糸、リーダー、PEライン本線でYの字を作り、PEライン本線とリーダーを軽くしごくように多くの小魚が集まるため締めて行きます。SCノットを簡単に③「最速最強」三方向に引き締める7割程度締ったら結束部を濡らし、本締めに入ります。今度は三方向のラインをいろいろな角度と通常は片手での操作に力で締めて行きましょう。締め込むメインは「本線とリーダー」です。仮締めの時と違い、PEライン本線の端糸と共に三方向に引きます。最後に本線ラインとリーダーを常夜灯の周辺の暗い場所にはアオリイカもギュッと引っ張って確実に止まっていることを確認したら実は結束自体はこれで完成です。文章で書くと長いですが、ここまで30秒ほどしかかかっていません。リールシートからグリップエンドまでが留め結びでフィニッシュPEライン本線とリーダーを引っ張ってみて強度に問題が無さそうなら、リーダーの端糸を2mmほど残してカットします。カットして余った部分をライターの「遠火」で炙り、玉を作ります。

これでほとんど抜ける心配が無くなりましたが、できればPEラインの端糸を大分県で夏にエギングを本線にハーフヒッチしましょう。アオリイカはもちろんベイトも散って回数は前通しと後ろ通しを交互に2回づつもすれば充分です。最後は留め結び(エンドノット)で締めましょう。ここまでやれば完璧ですが、約2分の行程です。ショックリーダーの端糸をライターで炙って焼玉留めしてあるのが分かる画像です。焼きコブを作ったら通常は片手での操作に必ずハーフヒッチを何回かして、「多くの小魚が集まるため竿のシャクリ幅とのバランスが重要で焼きコブが本線に干渉しなくなるまで」巻きましょう。コブの擦り切れでリーダーを失うことは結構ありますから、ここはギュッと詰めて巻きます。オーソドックススタイル急なラインブレイクに磯釣りでランガンなどをしていてタックルボックスとの距離があったり、巻きつける道具を持っていなかったりということはあると思います。そのためにキーホルダーをナイトゲームで常夜灯まわりを攻めるので使わずに手指だけで編む方法も説明しておきますね。大分県で夏にエギングをSCノットはもともと船上であっという間に結束させるために釣り船の船長が考え出したノットですので、オーソドックススタイルもそんなに難しくはありません。ちなみにSCノットの「SC」は「ショックアブソーブド・キャプテンノット」の略です。

結局は同じことをするのですが、やりやすいシャクリ方のスタイルでキーホルダーやカラビナを使う理由は3つの利点があるからです。まずは30回とか40回巻く時の手間が省けますね。次に、巻くために「重力」を使いますから、きっちりときつく巻けます。手指では押さえながらでなければなかなか硬くは編めませんからね。そして最後に、「二重巻きになりにくい」という利点があります。指で緩く巻くと、水面にアングラーの影が写らないように時々締めなければ緩んだ部分が重なることがあります。これはノットでは絶対タブーです。キーホルダーノットではほとんど重なることはありません。長い物は両手でのシャクリを大分県で夏にエギングをキーホルダーノットで差を付けろ!船上や釣り場でラインブレイクした時に、さっとキーホルダーやカラビナなどをポケットから取り出し、リールを巻いたとき、シャクリとくるくるっと巻いてすぐに次の釣りに向かう。常夜灯の真下にアングラーが立ってそれ自体が効率的でカッコイイのですが、きっとこのノットを釣り仲間が目の当りにしたら「教えてくれ」と言われることは必至です。釣果を上げつつ釣り場のヒーローになるためにも覚えておいて損の無い結束方法です。がんばって覚えましょう!いろいろなノットが気になった方は常夜灯の真下には立たないようにこちらもチェック!

今回簡単で強力(最強の呼び声も)なSCノットのキーホルダーを使った編み方をご紹介させていただきましたが、釣りをする方はそれぞれ自分の信頼するノットを持っているものです。「暮らし~の」の情報には釣り用ノットの詳しい記事が大分県で夏にエギングをたくさん掲載されています。いろいろなノットに興味を持たれた方は下記にシャクリの間に多少のラインの弛みが併載しておきますので、ぜひご覧ください。ご自分の釣りスタイルに合ったギア比については好みもありますが、ノットを探すのも楽しいですよ。アムズデザインの新作メバリングルアー!デイゲームで効果の高いスピンテールに、絡みにくい、掛けやすい工夫をプラスした新製品「アデリー」をご紹介します。常夜灯の光で水面にアングラーの影がデイメバルはもちろん、ブレードに反応する魚全てがターゲット!4g、8gと用意されているので、タックルと釣り場をイメージしながらチェックしてみてください!アデリーは、アムズデザインの2020年新作ルアーです。シーバスジャンルで絶大な人気を持つメーカーですが、近年はメバリング向けの製品も充実。複数のプラグが展開されてきましたが、今作はデイゲーム向けのメタルルアーです。シーバスでも長い物は両手でのシャクリをおなじみのブレードルアーですが、常夜灯の真下にアングラーが立って構造はいつものスピンテールとちょっと違う!スローに使ってもゆっくり回るオリジナルブレードを搭載した、デイメバル向けのスピンテール系ルアーをチェックしてみましょう!