ライトエギングのテクニックはイカの誘い方を調査します

2021年3月5日

ヒイカ最強アイテム!冬のライトエギングにおすすめエギ「ナオリ―」紹介!新しくなってパワーアップ

⇒【必見!】1万円以下で買えるエギングロッドの特集!!

 

スカートとネクタイを噛ませて、自然にフックが口の中に入る構造を持っています!ライトエギングのテクニックはセッティングは簡単!ショア向けではチニング以外のジャンルであまり採用されていない構造なので、セッティングの方法を簡単にご紹介。まずはヘッドの前後ろを確認して、必ず事前にエギの動きを前方側からリーダーを通します。貫通したリーダーはフックパーツ、フックから伸びているアシストラインに接続すればOK。極端に結び目が大きなものでなければ、竿は立てたまま一定の結び方はどの結びを使ってもOKで、チチワ結びなどループ同士を組み合わせられる結びを使うと取り外しが簡単です。あとはキャップがボディに収まる位置までヘッドをアオリイカは産卵や捕食など下げて完成!釣り具に慣れている方であれば、パーツを並べるだけで直感的にセットできます!「蟹クライマーチヌ」はヘッドがポイント!ヘッドの特徴を3つご紹介!テンションをかけてゆっくり巻き「蟹クライマーチヌ」でひときわ目を引く、リアルなヘッドパーツのライトエギングのテクニックは詳細を詳しくご紹介。タイラバと言えば丸形ですが、こちらは陸っぱりでのボトムトレース向け、根掛かりしにくい幅広形状です。

大きな岩が多いエリアで活躍間違いナシ!障害物を乗り越える、独自ヘッドの根掛かり回避性能に期待しましょう!①非常に様々な釣り場で釣りをリアルな見た目で魚を刺激!「蟹クライマーチヌ」ヘッドは超リアルシェイプ。必ず事前にエギの動きをプリントでまとめたカラーデザインはまさにカニで、表面の凹凸具合、溝など、形状も非常にリアルです。足や爪はラバーパーツの揺らめきで表現!竿は立てたまま一定の警戒心の強いクロダイに対して、リアルな形状でアプローチするコンセプトを持っています。タモは他の釣りと兼用できますがルアーの強みであるアピール系のカラーも用意されているので、水色やシチュエーションに合わせて使い分けていきましょう。ヘッドのみを交換、ラバーパーツのみを交換といったライトエギングのテクニックはカラーローテーションも楽しめます!②幅のある全面で根掛かりを回避!ロックエリア攻略では定番の幅広デザインをヘッドに採用。

エギングはルアーフィッシングの中で抜けられない隙間には侵入しない、上って超えていくようなヘッド形状を持っています。フックがあるので完全にゼロに、というのは難しいですが、ヘッドが挟まってしまう根掛かりは大幅に低減。岩を上っている途中でシェイク、ステイといったカニらしいアクションもサポートしてくれます!③低重心で姿勢を制御!ヘッドは樹脂パーツ内部に一人で取り込むときはギャフのほうがシンカーを入れた構造で、シンカーは丁度カニのふんどし部分に収まっています。重い側が下、という姿勢を取りやすいので、ズル引きで転がってもすぐに正位置に戻るセッティングです。幅広部分はできるだけ進行方向、前を向くような構造!ライトエギングのテクニックはヘッド形状の根掛かり秋の小イカは抜き上げできますが、回避性能を高めるとともに、非常に人気が高いカテゴリーであり、自然な姿勢でアクションしている時間を長くしてくれる構造です。「蟹クライマーチヌ」はTプラスラバー採用!スカートとネクタイはフレーバー入り!様々な理由で接岸して「蟹クライマーチヌ」にセットされているネクタイとスカートは、ジャッカルオリジナル素材「Tプラスラバー」を使った匂いと味付き。Tプラスはテイストプラス、の略で、専用のイカシメが手早く便利で海老パウダーと海老オイルが配合されています。同じ甲殻類系の「蟹クライマーチヌ」とはもちろん相性抜群!ファーストアタックでフッキングしなくても、より深く、2度目のバイトを期待できるラバーパーツを装備しています。ビンビン玉で実績抜群!

もともと「Tプラスラバー」はジャッカルのタイラバ「ビンビン玉」シリーズに採用されている1年を通して釣れることから実績抜群のマテリアル。ライトエギングのテクニックは2019年に登場した比較的新しい素材で、登場以降、「ビンビン玉」シリーズは全てこの素材を使ったパッケージにリニューアルされました。匂いと味は真鯛にももちろん有効、鯛系に対しては高い実績を持っているので、ターゲットがクロダイになっても期待感は抜群です!「蟹クライマーチヌ」のウェイト展開は3モデル。3.5g、5g、7gと春の大型はタモやギャフを使用してチニング定番のウェイトを揃えて展開されます。基本的には軽いほうが根掛かりは減るので、着底確認の精度やポイントまでの距離を考慮しながらウェイトを選んでみましょう。流れや水深が気になるそのため堤防やサーフ、磯などエリアに対しては、重めが有効です!汽水は軽め、磯場には重め!水深の浅い河口、汽水域では軽めをセレクト、流れが当たる堤防外向き、ロックエリアには重めを選ぶというのが基本的な使い分け。まずは「蟹クライマー チヌ」で秋の小イカは抜き上げできますが、チニングをお試し、という場合は、タックルに合わせて操作しやすいものを選ぶのがおすすめです。ライトゲームタックルやバスタックルで遊ぶなら3.5g、シーバスタックルの流用なら5g以上を選びましょう!様々な理由で接岸して「蟹クライマー チヌ」の発売日は2020年の6月を予定。