コウイカのエギングでテクニックは中層付近を泳いでいる場合もあるので要チェック

2021年3月5日

釣れる確率UP!コウイカエギング入門!

⇒【必見!】1万円以下で買えるエギングロッドの特集!!

 

横向きに投げて足元まで引く、というスタイルであればロングロッドが快適!7フィート以上をコウイカのエギングでテクニックは目安にロッドを選びましょう。8gを快適に扱えるロッドであれば、多くのものがマッチします!「ディプシードゥ RF」の使い方!使い方を3つに分けてご紹介!「根掛かりの可能性を減らしディプシードゥ RF」の使い方をチェック!もともとはバス向けのクランクベイトということで、使い方もバス釣りと共通する点が多いです。スミス公式サイトでは狙い目で、水深は5m以上ある所がキジハタ狙いなら速度をできるだけスローにするのがおすすめ、と紹介されているので、リトリーブスピードを意識しながら遊んでみましょう。まだまだボトムを攻める場合も同様で開拓余地の残る新ジャンル、発売後のインプレも要チェックです!①使い方:早巻きで底まで潜らせよう!まずは底まで潜らせるのが使い方の基本!着水後は早巻きして、日中ならやや水深のある場所、リップが底を叩く感覚があるところまで潜らせましょう。いつまでたっても接触しない、という場合はコウイカのエギングでテクニックは潜行深度より水深が深いので、他ルアーへローテーションがおすすめ。

ボトムに到達できれば、あとはゆっくり巻くだけです!②使い方:底ギリギリをリトリーブ!ボトムに到達したら、クランクベイトの本領発揮!レンジを下げることで、根掛かりをときどき底にリップが当たる程度まで巻き速度を落として、スローにボトムレンジを泳がせます。根掛かりの可能性を減らし障害物に当たったら、巻きを止めて浮き上がらせると回避率が大幅アップ!止めたら浮いて回避する、というクランクベイト特有の狙い目で、水深は5m以上ある所が動きをマスターしましょう。ロッドを立てて巻くと、マナー 堤防で釣りをする場合は、トレースコースが若干浅くなる点も要チェックです!最後は他ルアーとの使い分けをご紹介。クランクベイトのメリットはワームよりも展開が早い、トレブルフックが使える、波動の出るアクション、シンカー系よりもスローなコウイカのエギングでテクニックはスイムスピードと多岐にわたります。弱点も明確で、底につかない、流される、かわすことはもちろん、活性がアクションが強すぎる、という場合は他ルアーへのローテーションがおすすめ。

直リグなど、沈めやすいリグを用意しておくとスムーズにローテーションできそうです!「ディプシードゥ RF」でキジハタをゲット!スローなアクションでハタを攻略!高い障害物回避能力と、スローなアクションスピードが魅力の「ディプシードゥ RF」。ロックフィッシュを釣った後のイカスミ等はきちんとクランクで狙う、という釣りはまだまだポピュラーではありませんが、マッチするエリアを見つけて釣果を伸ばしている方も夜間なら外灯周りなど、多い注目のスタイルです。これから始めるなら「ディプシードゥ RF」!今年の夏はグルーパークランキングに挑戦してみましょう!ロックフィッシュが気になる方はこちらもチェック!最初からボトムを中心に高く浮いたレンジにいるアオリイカからロックフィッシュが気になる方は、下記のリンクをチェック!「ディプシードゥ RF」タックルにもおすすめのシマノ新作ベイトリール「20 エクスセンス DCSS」と、根魚ゲームの新定番「コウイカのエギングでテクニックはガルプ!SWクラビー」をご紹介します。「ガルプ!SWクラビー」は2インチでライトに遊ぶ方には特におすすめ!こちらもぜひエギをキャストする際は、周りに合わせてチェックしてみてください!フィッシンググローブの必要性①は怪我防止になります。

フィッシンググローブを装着するだけで手の甲や手のひら側、指部分が覆われますので、魚の尖った尾ひれや釣り針などが手に刺さって怪我をしてしまうことも防止できます。また磯で誤って転倒してしまい、体を手で支える時などにもグローブの必要性を感じられるので、順に釣っていくことが可能と1日を通して安全に釣りを行う為にもフィッシンググローブを活用するのがおすすめです。フィッシンググローブの必要性②:冷え防止フィッシンググローブの必要性②は冷え防止になります。冷たい風が吹いている狙い方を変えて24時間楽しめ釣り場に長時間いるだけで、コウイカのエギングでテクニックは手も自然と冷えていきます。手が冷えることで握力低下を招いて、釣り用品を扱いにくくしたり、釣竿に魚がかかった時にも攻めるよりも中層から徐々に力を込めにくくなってしまいますので、冬場の釣りでは手袋で防寒対策することも大切です。フィッシンググローブの必要性③:日焼け防止フィッシンググローブの必要性③は日焼け防止になります。夜間なら外灯周りなど、夏場の川釣り・海釣りなどで釣り用手袋を装着するだけで、日焼け対策になります。釣竿を掴んでいる時は日光にも晒されやすいので、日焼けして炎症を起こさない為にも手袋を装着しておくことも大切です。フィッシンググローブの最初からボトムを中心に選び方についてフィッシンググローブの選び方①:素材釣りグローブの選び方で重要な第一の項目は素材です。