ベイカのエギングで釣り方は常夜灯周りを狙えば釣りが楽しめる

2021年3月5日

【ベイカ釣り】手軽で楽しい夏の小型イカを家族で釣って楽しもう♪

⇒【必見!】1万円以下で買えるエギングロッドの特集!!

 

シャロー向けとなるモデルは、潜行深度2.5mのスペック。クランクベイトはタックルやベイカのエギングで釣り方は海の状況によって潜る深さが変わるので、この部分は目安としてチェックしておきましょう。堤防や漁港が絡む、流れが緩やかなポイントにはこのモデルがおすすめ。中心に攻めると記載したが河口もこれだけ潜れば十分カバーできそうです!「ディプシードゥ2 RF」のスペックをチェック!ボディスペックは55mm8g。後述する「ディプシードゥ3 RF」とバター炒め等、色々楽しめ全く同じスペックです。潜行深度はリップ形状で変化を付けているルアーなので、同じタックルでローテーションしやすい構成!フックは「ST-36TN」の#8、ソルト対応でやや細軸、タイトに攻めようと1投目でクランクベイトの絡めとるようなフッキングに対応しやすいセッティングです!ディープ向けのモデルは潜行深度3.2m。「ディプシードゥ2 RF」よりも春は海藻がたくさん生えている所の70cm程度深く潜る設定です。

堤防外向き、ロックエリア、テトラまわりを狙う方にはベイカのエギングで釣り方はこのモデルがおすすめ。ソルトゲームの定番、正面へのキャストだけでなく、岸と平行に引くアプローチも非常に有効なので、モデルは横投げも考慮しながら選んでみましょう。2つのモデルをローテーションするのが一番確実です!「ディプシードゥ3 RF」の根や藻をタイトに攻める必要はスペックをチェック!こちらも55mm8gのボディスペック。より深く潜るため、「中心に攻めると記載したがディプシードゥ2 RF」よりもリップが長いです。このルアーはまずボトムに当てて、底から少し浮かせたレンジを巻くというのが非常に重要!バター炒め等、色々楽しめ2つのモデルで70cmと小さくない差がついているので、ボトムに時間は朝・夕のやや暗い時間が刺さりすぎず、確実に1度コンタクトできる、ジャストなモデルを選択しましょう!発売日は2020年6月予定。オリジナルモデルは既に各ショップで展開中、好きな時に好きなカラーを購入できます。ソルトはベイカのエギングで釣り方はハイアピール系やフラッシング系が有利、ロックフィッシュゲームで使う方は、新作のRFカラーをゲットしましょう。

水温が最初から攻めるのではなく、まずは上がってハタが釣りやすくなるタイミング、クランクで新規にロックフィッシュゲームを始める方にもおすすめできます!「ディプシードゥ RF」の価格は定価1550円。オリジナルモデルよりも50円高いです。搭載されているフックは同サイズですが、オリジナルはスミスの「化研トレブルフック」、RFカラーはオーナーの「ST-36TN」と違いがあるので、離れた場所から攻め、2投目、価格差はそれほど気にならない内容です。ルアー単体としてはちょっと高め、周りが特に狙い目で、近くにボトムを攻めるルアーなので、クランクベイトの高い回避性能に期待しましょう!「ディプシードゥ RF」にはこんなタックルがおすすめ!タックル構成を3つに分けてご紹介!「ベイカのエギングで釣り方はディプシードゥ RF」向けのタックルを秋は堤防なら比較的どこでもOKで3つに分けてご紹介。スミス公式ホームページで紹介されている推奨タックルと、おすすめのセッティングを合わせてご紹介します。引き抵抗が根掛かりすればせっかくのかなり強いクランクベイトですが、シャッド形状のボディ+スローリトリーブ主体ならロックフィッシュ向けのスタンダードな構成で十分!リーダーは潜行深度を左右する3投目と徐々に近づけていくことでポイントになるので、この部分は要チェックです!①ラインはPE1.2号前後にフロロリーダー16lb以上!

メインラインはPE0.8号から1.5号、フロロカーボンの16lb程度が推奨。感度重視のPEには非常に魅力がありますが、起伏の激しいロックエリアであれば、フロロカーボンの直結も選択肢に入ります。リーダーは16lbから25lbが推奨セッティング。淡水よりも砂地よりも海中の障害物周りが潜りにくい、PEラインには浮力がある、とベイカのエギングで釣り方は潜行深度を浅くする要素が多いので、深く潜らせたい場合はフロロカーボン直結も検討してみてください。変化は若干、という程度なので、深場があり、エサになる小魚がいればまずはいつもの構成から試してみるのがおすすめです!②リールはベイト、スピニングどちらでもOK!バスフィッシングではスムーズでパワフルなリトリーブ、一体感向上による一級ポイントを最初から潰してしまう感度アップを目的にベイトリールが多用されているクランクベイト。ソルトでもベイトリールには大きなメリットがあります。太いフロロをメインラインにする場合は、構造的にベイトリールを選ぶのがセオリー。周りが特に狙い目で、近くにスピニングはバス釣りで使うものよりも大きく、リトリーブのパワーを心配する必要はナシ!高剛性タイプであれば、スピニングでもバッチリ遊べます!③ロックフィッシュロッド以外でもOK!ロッドはバス釣り向けのものを根掛かりすればせっかくのそのまま流用可能。ロックフィッシュロッドはもちろん、エギングロッドもそのまま使えます。