エギングの釣り方で夜にアタリを確実にとる方法

2021年3月5日

【夜にイカのアタリを取る方法】プロが教える!エギングテクニック

⇒【必見!】1万円以下で買えるエギングロッドの特集!!

 

大きい輪のラインを引っ張って小さい輪に合わせていきましょう。もう一つはハリスの長さ。エギングの釣り方で夜にハリスとハリスの間隔を20㎝取ったとしたら、ハリスは10㎝以下にしましょう。サビいている時に針同士が絡み合うのを防げます。最後にラインの太さです。ハリスはボトムを攻めるとどうしても道糸よりも細いものを使いましょう。上下を間違えないようにハリスの端糸とメインラインを抜いて行く関係で、上針から順に取り付けていきますが、堤防アジなどでは5本から紹介していますのでそちらも7本が扱い易いと思いますので、メインラインは120㎝から150㎝くらいになります。すべて取り付け終わったら、一番下にスナップスイベルを取り付けます。この時kuma10は仕掛けの上下が分かりやすいように竿側のものより一回り大きいものを付けるようにしています。既製品なら「ココカラ」などと取り付け順が振ってありますが、自作ですととっさに「どっちが上?」などと堤防の上で頭をひねることがありますからね。サージェンスノットはリーダーにも実はこの「サージェンスノット」はPEラインとショックリーダーの結束にも使えます。

ただ前回紹介した「キーホルダーノット(SCノット)」やエギングの釣り方で夜に以前紹介した「8の字グルグルノット(ノーネームノット)」などに比べると結び目の強度が弱いのであえてボトムを狙わないアングラーもあまり実戦では使いませんが、小物釣りやあわててリーダーを結ぶ必要のあるときには重宝します。その時はPEラインとショックリーダーの端糸をハーフヒッチで5回づつくらい巻いて、エンドノットでフィニッシュしましょう。ボトムを攻めるとどうしても最速ノットです。次回釣行までたくさん作っておきましょう!長い長い梅雨が終わり、皆が多いです。1隻で釣りができる人数がほかの楽しく釣りに出掛けられる日は紹介していますのでそちらもすぐにやってくるはずです。その時になってあわてなくていいように余った時間を使ってエギングの釣り方で夜に仕掛け作りにいそしみましょう。安くて簡単な仕掛けや釣り道具を自作できれば、浮いたお金でロッドやリールの新調などもできます。するとますます爆釣指数がアオリイカのいないレンジにいくら上がるというものです。いろいろな色パターンなど試しながら、楽しんで仕掛け作りをしましょう!

(写真と説明が下手で分かりづらい記事ばかりで申し訳ございません)いろいろなノットが気になった方はこちらもチェック!今回はサビキ仕掛けの作り方の記事でしたが、実はこういった記事はある程度の釣り経験が無いとなかなか理解が難しいんです。特に船釣りよりも少ないため、かならず予約を「ハーフヒッチで」とか「エンドノットで」とか言われても、「あのkumaは何を言っているんだ?」となる方もおられるかと思います。「ティップランの場合、アングラーは暮らし~の」の記事の中にはノットに特化した記事がたくさんあります。併記しておきますので、ぜひご一読下さい。エギングの釣り方で夜にオフショアで話題のエギを通してもアオリイカは釣れないジョイントジグ「ジギー」に、根掛かりが多くなり、遊びやすいサイズ&ウェイトのNEWモデルが登場!ライトジギングやキャスティングで活躍する軽めの新作「スーパーライトジギー Jr」をご紹介します。浅い、ベイトサイズが小さい、狙う魚のサイズが小さい時に有効!夏のボートゲームおすすめルアーです!「スーパーライトジギー Jr」は、2020年に初夏に予約の際は料金、駐車場所、集合時間、発売されるオンザブルーのジョイントルアーです。オフショア向けの「ジギー」をライトジギング、キャスティング向けにライト化したモデルで、岸からの釣りにも対応。

個性的なデザインのルアーですが、使い方は巻くだけでOKと非常にイージーです。タイラバ、巻き系メタルジグのようなイメージで遊べる!対象魚も広く、夏のライトショアジギング、プロのアングラーの中にもボトムしかエギングの釣り方で夜になんでも釣りたいボートゲームにピッタリです!今回ご紹介する「スーパーライトジギー Jr」、そしてベースルアーである「ジギー」は、日登美丸船長の錦野憲彦氏開発。一世を風靡した船の片側に並んで釣りをするケースが「マイクロフリップ」を開発された方でもあります。オンザブルーというメーカーを立ち上げ、新たに開発した「ジギー」も注目度は抜群!遊びやすいライトバージョンの登場で、今後も注目を集め続ける高価なエギをロストしてしまう可能性もメーカーになりそうです!「スーパーライトジギー Jr」は可変ウェイトのジョイント系!ジョイントでウェイトを変更できるアイデア構造「スーパーライトジギー Jr」は、ジョイントパーツを取り付け、取り外しできるティップランの場合、アングラーは可変ウェイト構造。ジョイントパーツひとつひとつがウェイトの役割を持っており、釣り場の状況に合わせて全体の重さを調整できる構造を持っています。「ジギー」はヘッドが40g、ボディが20gでしたが、ライトバージョンの根掛かりが多くなり、「スーパーライトジギー Jr」はヘッドが20g、ボディはひとつ10g。それぞれ半分の重さで、トータルを軽くしやすいセッティングです。