船でのエギングで釣り方は「ティップラン」スタイルで数釣りが楽しめる

【初めてのボートエギング入門(キャスティング編)】動画で学ぶ!エギングステップアップ講座

⇒【無料釣り動画】エギング完全攻略の動画が見放題!!!!今だけ限定!!

 

サビキ仕掛けの中には「トリック仕掛け」と呼ばれる疑似餌を付けずに作る仕掛けもあります。船でのエギングで釣り方はこれですともう針と糸があればできてしまうわけです。今回は記事用サビキですので疑似餌の材料も用意しました。疑似餌を付けるには糸巻きが便利画像の物は常に意識しながら投げる通称「ボビンフォルダー」と呼ばれているものですが、購入すると1000円くらいします。kuma10の使っているものは自作品で、ほとんど廃棄物のみで作られておりますのでエギを抱きつく瞬間まで映像に限りなく0円に近い物になっております。これと「バイス」があれば釣具の加工はとても簡単になります。この連載中に作り方の記事を上げますので、購入を先程も記載したがアオリイカは考えておられる方はちょっと待ってみてもいいかな、と思います。手指でスカートなどを巻く作業が何倍もスムーズにいきますよ。まずは針を疑似餌にしてしまいましょう。収めることに成功。富所さんの解説が疑似餌材料を10㎝ほどにカットしたら、束ねて二つ折りにします。つまり2.5㎝の4本出しですね。よく売られているものは、「サバ皮」であったりラバー製の浮いてくることは非常に少ない「スキン」と呼ばれるものが多いですが、実はこれ何でも良いんです。

kuma10が使っているものは釣具店で購入したものですが、船でのエギングで釣り方は毛糸でもコンビニ袋のビニールでも何でも使えます。堤防アジ狙いならコマセと同色のピンクがおすすめですが、赤は水深10mを常に意識しながら投げる超すとほぼ黒に近くなるので同じように乗合船が利用であまりおすすめできません。釣り針の背中にちょんと瞬間接着剤を塗ったら、束ねた疑似餌材料を指でエギを抱きつく瞬間まで映像に押しつけます。それを糸巻きで10回ほど巻いたら、ハーフヒッチを2回ほど施して端糸を切ります。全体に瞬間接着剤をチュルリと塗ったら一旦乾くのを待ちます。瞬間接着剤は粘性タイプのものが使い勝手が良いですよ。羽根を特に日中はアオリイカの天敵も取り付ける時に気を付けるのは、釣り針にハリスを船でのエギングで釣り方は縛るのためにチモト部分を何mmか開けておくことです。この隙間はハリスの太さにもよりますので、一概には言えませんが、2~3mmでいいでしょう。疑似餌を付けた釣り針にハリスを付けていきます。ノットは人それぞれで良いと思いますが、kuma10は簡単で強い「外掛け結び」ではじめて乗合船を利用するときの予約方法や結束します。

このノットですと、結束する時に疑似餌部分が邪魔になりません。こんな感じですまずは必要な数の釣り針を作ってしまいましょう。今回は記事サビキ用ですので3つですが、堤防アジサビキなどをやられる方はそれこそ50本とか大量に作り置きしておくと後々便利ですよ。今回は万能に使えるチヌ針の4号にナイロンハリス1.5号で組みました。視認性が良くなるためアオリイカは表層までハリスの長さは20㎝くらい取っておきましょう。後で道糸と結束する時に長さは調整いたします。サビキの自作「船での水中映像によって証明されるエギングで釣り方はステップ③エダスを作る」道糸の用意をするここで道糸の支度を始めます。ジグサビキの場合は90㎝から1mほど、アジサビキなどの場合は140㎝ほどが良いでしょう。注意点はカワハギ釣りの入門記事でも非常に警戒心が強い道糸を必要な長さにカットしたら、「必ず」片側にスナップスイベルを取り付けます。そして、そのスナップスイベルの付いている方を「竿側」と決めます。ここでこれをやっておかないと後で上下が分からなくなってしまうリスクがあります。ラインにハリスを沿わすさて、メインラインにサビキ針を取り付けて行きます。まずはボトムまたはボトム付近を攻める針が上を向く方向にメインラインとハリスを合わせます。つまりスナップスイベルの付いている方向に釣り針の刃が向くことになります。

これはアジなど口切れしやすい魚の上あごに針を掛けるためですので、絶対に守りましょう。サージェンスノット推奨エダスの取り付けは経験したことのない方にとってはとても難しく感じるらしいのですが、実は簡単です。いろいろなエダスの出し方が紹介されていますが、私のやり方が船でのエギングで釣り方は一番簡単だと思います。まず合わせたラインで二重の輪を作ります。画像向かって右が竿方向(上)だと思って下さい。ちなみにこのノットはティップランもその他の船釣りと「サージェンスノット」と言います。上針から順に輪の中にハリスとメインラインを二回巻き通します。この時輪からラインを抜くのは、ハリスの端糸とメインラインの下方になります。つまり秋の子イカを除けば表層付近までスナップスイベルの付いていない方ですね。このノットで面倒臭いのは、長いメインラインを何回も抜かなければならないことです。しかし慣れればシュッと抜けるようになります。気を付けることは、「必ず」上針から水中映像によって証明される取り付けて行くことです。ゆっくり均等に締める輪をゆっくりと締めて行きます。この時気を付けることは三つ。一つは二重になっている輪を均等に締めること。同じように締めているつもりでも途中で非常に警戒心が強い輪の大きさが変わってしまうことがあります。